8月11日(金)☀ ちょっとづつ



あれ?

2017年8月11日1



あれ?

2017年8月11日2


オリー君 『座れ』 の脚が変わった?

大人座り  ?


まだ不完全だけど、ちょっとお兄ちゃんになってるかな?



さあて、昨日買って来た仕切り網を繋いで、こんなものを作ってみました。



2017年8月11日3


先日クリッカートレーニングのセミナーで集中の切れたオリー君が、

隣のブロックに逃げて行ったことを踏まえて、仕切りをつくったのです。

さらに、網目も見えないようにしようと思ってボードも買ってきたのですが、

とりあえずこの段階で実践してみることにしました。

まず、ミルテから。

何年か前にシェ―ピングらしきものをミルテとやったことはあるのですが、

ミルテはすでに言葉と動作を連動して作業することを知っているので、

先読みしたり、逆に指示待ちの目線を送ってきたり。


次にオリー君、うん、今日はよく集中してる。

目隠しボードで隠さなくても大丈夫みたい。


8月6日(日)高知⛅ →岡山☀→高知☁  オリバー君と初めてのお勉強会


オリバー君と一緒に初めてのお勉強。

『迷走長寿台風5号』がこちらに向かってきているという予報の中、

岡山のスカイフィールドにお勉強に行くことに。

ソフトクレートは噛み壊されそうなので、

折り畳みハウスハードを買いました。(底面は300バリ相当)


2017年8月2日5


行きはよいよい帰りは・・・帰れない! ことを想定して、お泊りグッズも準備。



朝5時半起床、

あ( ̄▽ ̄)

顔半分がお岩さん、

会ったこともないお岩さんにこう気安く書くのもなんだが、

左目の下が赤く腫れて顔中がむくんでいる。

これはですねー  木曜日にアブに刺された跡なんです。

まあ蒸し暑いこの時期に、ノースリーブ(今風に言うとタンクトップ)にちょっこと被った帽子で、

カヤと伸びきったハーブの花(ガラニティカ セージ)を鎌で刈っていたんです。


IMG_5926.jpg


暑いっちゅうようなもんではない。

おそらくアンモニア臭がそこら一帯に漂っていたんでしょう、

ブーン  ガッ!!  カツ!

いきなり目の下に一撃、自分で突撃してきたくせに反動で左手の指におまけの様にまた一撃

作業用ゴム手袋していたけど、相当痛い(; ・`д・´)

一瞬思いました、

今の蜂じゃないよね、アブならまだしも蜂だと危ない。

わ~これでなんかあって気を失ったらどうしよう!?

ミルテとオリバーは2匹だけでどうなる?

ま、経験上痛さの違いから、こりゃアブだな、と判断してすぐシャワー浴びて薬をぬった。

翌金曜日には治っていたのにね・・・・

四の五の言っても仕方ない、顔で勉強する訳でもないしね。


オリバー君に朝ごはんあげておしっことうんちを待つが、遊んでばっかりでいっこうにしない。

車にどんどん荷物を運びこんで時間稼ぎするが、しない。

ええーいもう遅れる、積み込もう、と思った瞬間した!!

45分もかかってしまった。



前書きの長いお勉強の巻遍(; ・`д・´)

ぶんぶん飛ばして5分位?の遅刻。

スカイフィールドスタッフさんにも手伝ってもらって、

駐車場から抱っこしてオリバー君を建物の2階に運ぶ。

自己紹介始まった時点でオリバー君、ギャン泣き(ひぇ~~( ;∀;)

今まで、レイちゃんの『セラピードッグ適性検査』から始まり、

シーちゃんの『セラピー・・・』、

ミルテの『オビセミナー』

色んな事ができるようになってからの参加だったので、

こういうシチュエーションは母ちゃん初めて(-_-;)

みなさん、すみましぇん m(_ _)m

スタッフさんがカバーかけてくれ荷物で隠してしばらくすると落ち着く。


2017年8月6日1


3ヵ月のオリバー君を筆頭に4ヵ月10ヵ月・・・のパピーがいっぱい。

しかもみんなトレーニングの動きが良い。



みか子ビア先生によるクリッカートレーニング基礎講座

以前から興味があったのですが、今回都合よく参加できることになったのです。

「セミナーのあたりは3ヵ月を過ぎたあたりなんですが・・・」

と相談したら、「できることはあるから、早い方がいいですよ」

というお返事を貰い、参加したのです。

座学のあと数人ずつに分かれて実技。

お部屋の真ん中に仕切り版を入れて四つのブロックに分かれて行いました。

オリバー君分からなくなったら、お母ちゃんの前にSit して目を見つめているが、

母ちゃんが、次をどう繰り出していいか思案しているうちに、

とととと・・・・と仕切り版をすり抜け隣のワンコの所へ

「オリーくーん」慌てて捕まえに行く

スタッフさんや隣のペアで手の空いてる方に抱きかかえられて戻ってくる

すり抜けられないようについ立ての前に陣取っていると、

今度は反対側のブロックにするするする~ と遊びに行く。

アドバイスを頂きながら少しづつ集中。

丸一日の日程が終わる4時ごろにはぐったり(T_T)

お母ちゃんはとっても勉強になりました。



オリバー君おしっこを床におもらしすることもなく、

準備したペットシートの上に2回ちゃんとしてくれました。

のろい台風のおかげで雨、風にさらされることもなく無事帰ってこれました。

5月22日(月)プラー体験記


5月20日(土)に行われた DOG Playning学会 主催による

DOG Puller in 広島 

どんなもんかも分からないままの参加でした。

ゆったり見学気分のつもりの参加でしたが、

受付終了と共に 「全員集まってください」

なんだか分からないまま行くと いきなりの集合写真 (@^^)/

開会式が済むと、また、

「全員中に入ってください。」(T_T)/

おおっと  いきなり 練習 です。

Puller の持ち方  

投げ方

ゾーイちゃんママとペアを組んで投げ合いましたが、

まあ私のプラーの曲がること 曲がること、

いえプラーが悪い訳ではなく、当然私の投げ方に問題がある訳です。

途中中断しては、更にアドバイスがあります。

ちょっとづつですが、ましになっていく。



私は子供のころから頸椎が故障し(幸い大人になってからカイロの先生に直して頂きました)、

さらに右手首の小骨裂傷、今でも一部陥没したままです。

本来、投げる系には向かないのです。

でも、競技会は考えないとしても、ワンコと多少の楽しく遊ぶ時間ができればいいな、

という考えからの参加なのです。

「では実際に自分のワンコと一緒に練習してみましょう!」


2017年5月20日3


ゾーイちゃん &ママ リンクに入りました。

ゾーイちゃんは生後10ヵ月、

「ワンコにも人にも慣れていない、大丈夫だろうか?」ママが心配してましたが、

全然大丈夫でしたよ。

逆にミルテは入りませんでした。

たとえ自分が咥えていても、プラーが転がってきたら、取りに行くことまちがいなし!



ルール説明があり、午後からは DOG Puller が競技会形式で行われました。

問題ありの ハンドラー&犬 参加、大丈夫なのか!!

ミルテと母ちゃん 入場


2017年5月20日5


ほんとは駆け足で楽しい気分で入りたいのですが、

ルールをミルに教え込んでないままそういうことをすると、

ミルテルールを作り上げてしまわれるので、それは避けたい。

入場する前にリンクのそとで、

「よし」  「オフ」 でちょっとだけ ルールを教えてから入りました。


母ちゃん、投げましたー


2017年5月20日6 (2)

一応さまになってますが、習ったポーズと違います。

当然ながら、指定区域外に投げて ポイントなし、です。


2017年5月20日7


ミルテは転がっているプラーをキャッチ! 見事です。


2017年5月20日8 (2)


見事! なんですが、十分な練習(ルールの)をしていないから、

『取ってくればこっちのもんさ』ルール

受け渡しがなってません <(`^´)>

想定内!です。



ゾーイちゃんママ 投げました、

2017年5月20日12


うまい、ポーズも習ったとおりです。


「ゾーイはまだこういう所でリードを放したことがない、リンクから逃亡せんろうか? プラーに向かっていくろうか?」

ママの心配をよそに、フルスピードで走っていきました。


2017年5月20日9 (2)



2017年5月20日10 (3)


「ママー 取ったよ~」


2017年5月20日11 (2)



2017年5月20日14 (2)


プラーはウクライナ生まれのドッグスポーツです。

点数(ポイント)は出るが、結果はあまり気にせず、

犬にとってはストレス解消になり、ペアの信頼度が増していくので

私のように走るのには年齢的にきつい者にとってはよい競技だなと感じました。




5月1日(月)天罰

昨日の四国ブロック訓練競技会の

オビエリアに競技中舞い降りたのは

カラス

「うっわー カラス  」

「近くに人も犬もいるのに平然としてるよね」

ネット際で見ていた見学者、心配しながら見てました。

幸いすぐ飛び立ってくれてほっ


としたのもつかの間

オビⅡが終わり、Ⅲのセッティングをし終わった頃

ま、また、カラス

「えー  グラウンドにカラスいたら追うよ、うちの」

「うちもワンワン怒りながら追いかける」

「カラスってこっちから攻撃したら仕返ししてくるよ、

サーと飛んで来て、頭コツンとやられたよ、うちの」 
 (この話の、うちの、は犬だったか人間だったか忘れました) 


「カラス、嫌ー  あっちいけー」

テントの中で出番を待っていた私たちが騒いでいた、その時!

こーん !!

いきなりスチュワードのA先生が、

手に持っていた金づちを、後ろ向きのままグラウンドに投げたのです。

カラスのわりに近くに、ドスッ ! 

うっわ、この先生後ろに目あるんじゃない!?


カラス、慌てて飛んでいきました。



先生はカラスからは後ろ姿だし、カラスにしてみれば『空から金づちが降ってきた状態』

この対応、これぞ天罰!


そのあと一回もカラスは来ませんでした。


うちの庭には今日もお腹の黄色い鳥がきています。


2017年5月1日1


「なんか、中に入りたがってるんじゃない?」

お客さんがそう言いました。


2017年5月1日2


だめだめ、お家の中には怖いワンコがいるよ


2017年5月1日3


4月30日(日)頑張った💪


暑かったですねー


2017年4月30日3

あちゅいのであたしの頭もポン 

と葉っぱが開きました(-ω-)/


今日は四国ブロック訓練競技会 in 徳島


ミルテは予定通り オビⅢに出陳、

「ずがたかい~」

じゃなくて、暑いのか、ミルテの頭が下がりっぱなし。

「ミルも まあまあの ばばあですからねー」

ってまた言われるぞー


そんなミルもなんとかババアの踏んばりを見せてくれて 

3方向のダンベル以外は一応点を頂きました。

3方向のダンベルは、10m向こうのコーンに立った時点で、右側に行く気満々

慎重に左手をあげて「テイク!」ってしっかり言ったんですがねー

「あたしは右に行くって決めてるんで」とばかりに右に走って行きました。

後ろから止めたんですが、私の声を振り切って行きました。

どや顔でダンベルを持って帰ってきました。

この練習もかなりやったんですけど("^ω^)・・・

でも初めての科目、≪コーン回り  途中で停座をし ダンベルを咥え 板を跳んで帰ってくる ≫

が一応できたので肩の荷が下りた!   とまでは言えないが、ほっ。


2017年4月30日1-2


≪遠隔のハウス送り出し≫も新規定では

始めに送り出す円の中に、何も置かれてないので、

今までの練習方法を変えなくてはならず、いまもって苦労している。

本番でもきれいな線を描いて進ませることができなかった。

が最期までいき着き点数を頂くことができた。

今回をもってオビⅢは最後にしようかな?とも思っていましたが、

まだまだ走って競技をしてくれるので、続けれそうかな?


そして、本日はミルテはヒート犬の団体競技のダミー犬を頼まれていました。

オビⅢは本番とあまり違わない程度にやってくれましたが、

そのあとのオビⅠ


2017年4月30日6(2)


「シッツ」と声をかけて離れようとしたら

「え?  え? 母ちゃんまたどっか行くの?」というミルの声が聞こえましたが、

進んで行くと、ま正面のテントの中の知り合いたちが指をさして無言で 後ろ 後ろ と言っている。

なんだ?  振り向くと3mくらいついてきてるよ、

「シッツ!」も一度指示をすると座った。


2017年4月30日5(2)


ダミー犬はしっかりしなきゃダメなんだよ、

ミルには3回の団体競技はきつかったかな?


2017年4月30日2

お疲れさん、頑張ったね

プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR