3月27日(月)犬を飼うということ


「年は越せないかもしれない」

昨年末、看病で顔もすっかり痩せてしまったミルルちゃんのママが言いました。


そのミルルちゃんが10才を迎えたお祝いのバースデイ パーティです。

ミルルちゃん、おめでとう。


2017年3月26日3



15匹のワンコたちと ゴミの中で放置された状態で生きていたミルルちゃんを、

見かねて今のママが引き取ったのは8年前。

食べ物は飼い主がそこらへんに食べ残したようなものを拾って食べ生きていたようです。


いくつかのお店でシャンプーをお願いしても断られたそうです。

とても犬には見えない、ボロぞうきんのようだったそうです。

事情を話して「そういうことだったら」と一軒のお店が引き受けてくださって、

何時間もかけてシャンプーをしてくれたそうです。

丁寧にシャンプーしてもらったけど、臭いは取れなかったそうです。



昨年秋ごろ、「カッカッカー」という妙な咳が出始め、続いて

食欲不振、嘔吐が始まり 、かかりつけの病院で診てもらうも、

「検査の数値に異常はないですよ」との診断。

咳止めの薬を貰ったものの、食べ物を受け付けない。


お母さんは別の病院で診てもらったけど、ここでも「打つ手なし」の診断。


3軒め、南国のS病院を訪ねたら、獣医師の先生が、

「この子の症状見ていたら、小脳に異常があるのではないかと思います」

専門書を持って来て、見せてくれたそうです。

何らかの菌が入っている、と。

S病院での治療が始まり、サプリも併用しつつ、ミルルちゃんは無事年を越せました。

治療と経過観察は続いていますが、以前のミルルちゃんに殆ど戻りました。


2017年3月26日1

トモちゃん  ミルルちゃん  ペコちゃん  ゾーイちゃん     




以前から左の耳の中が茶色っぽく、お母さんはそれを汚れだと思って拭いていたそうです。

ところが、先日病院に行った際先生に言うと、

「菌が入っている」と言われたそうです。

2種類発見され、しかも一つは「見たことのないような・・菌」

そのことが引き金となって小脳に異常をきたしていた可能性もあるとのこと。


1才8ヵ月までゴミの中で生きてきた彼女の体の中には、

そのころから菌が潜んでいたのではないかとも思えます(私の想像です)


体が作られる大事な時期を劣悪な環境で生きてきたミルルちゃん

9才になった頃には歯が抜け落ちてしまいました。

でもワンコは幸い歯に頼らなくてもご飯は食べることができるからね、

ママが付いているから大丈夫(*''▽'')




外がまだ少し小雨なので、皆でくつろいでいると、やってきましたよ、


2017年3月26日2


え~と  どの子とどの子?

ちっともじっとしないおこたちですよ


2017年3月26日5


おー ジャストタイム!


2017年3月26日6

小次郎君   ゾーイちゃん



小次郎君今日はいけいけだねー

順番にご挨拶してます。


2017年3月26日7

小次郎君   ペコちゃん(男の子)


プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR