3月26日(土)犬友のブログより

最近、心励まされた犬友の言葉を紹介します。

まず、ナバール母のブログから。(失礼とは思いますが、長くなるので、途中少し省いています。)


http://kayu-no-tuinoniwa.seesaa.net/archives/201103-1.html

3月20日 『日常について考えてみた』

どこのどなたかも存じ上げない方…のメッセージなのですが
ふむふむ…と、とっても共感してしまったので
ここに記しておこうと思いました。


さて、このような状況の中で、何ができるか。

まず、ぐちゅぐちゅ、不満を言わない。
電車が遅れようが、計画停電がどうなろうが、
誰もはっきりしたことが言えない状況にあることは明白。
マスコミ含め各自が不満の声を出せば出すほど混乱を助長している。

生活を質素にする。
消費する量を減らすなどして、
被災地に少しでも物品が届くようにする。

騒がず、あわてず、普通に過ごす。
そして、仕事を含めやるべきことがあれば、必死になってやる。
被災者を含め救助に向かっている人たち、
政府はもちろん、東電も関係者は 必死になってやっている。
それに負けないぐらい、自分のやるべきことを 必死になってやる。

それが、全体が一日も早く復興する道だと思います。


4連目の、『騒がず、あわてず、普通に過ごす。
そして仕事を含めやるべきことがあれば、必死になってやる。』
特にここの部分ではっとさせられました。
世の中が大変な時に自分の言葉を発せられる人は偉いと思います。

ミル
         2ヶ月頃のミルテ。
         急遽、敷き毛布で作ったお手製のお洋服を着ています。


そしてもうひとかた

『ううたんのブログ』という見出しのブログ


http://merutan.btblog.jp/

もともとはとても素敵なHPを持っておいでたのですが、
ネット環境トラブル(?)で本元のHPは見ることはできません。
今はブログと別館としてのHPがあります。


http://merutan.nce.buttobi.net/index.html

関東にお住まいの方です。
犬友つながりで知り合ったかたです。

彼女がまだ独身の頃、高知に旅行に来たそうです。
桂浜で観光客が沢山いる中、一匹のまだ目もやっとあいたような子犬が一匹捨てられていたそうです。
生きるため、観光客の落とした食べ物を一生懸命食べている。
その姿を見て、どうしてもそのまま立ち去ることができなかった。
抱き上げて上着の中にそっと隠し、当時まだ犬連れOKではなかった城西館にこっそり一緒に泊まっって家まで連れて帰り、犬生を全うするまで飼いました。

彼女の所には今7頭のワンコがいます。
この2週間の彼女の生活・・・・
それは、毎日をただただ一生懸命生きている。
うろたえることもなく、計画停電の中で、あるがままの毎日を受け入れて。

まさに、『あわてず、騒がず、普通に過ごす。そして、仕事を含めやるべきことがあれば、必死になってやる』です。

是非一度彼女たちのブログを覗いてみてください。


            昼寝

          窪川にいた頃 昼寝する二人
プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR