5月21日(月)前へ

皆さん、金環日食見えましたか?

皆既 日食


ばっちりの金環日食


コピー ~ 皆既日食



えええー !!

何処ですか?って?

ふふふ


1999年の日食、ザルツブルグです。

狙って行ったわけではなく、行った日がたまたま日食だったのです。

らっき~ な私たち


こんな感じで公園でいろんな国の人たちと見たのです。

皆既日食


暗くなったあと、さ~と明るくなった時、そこにいたみんなから一斉に拍手がおこりました。



さて、そのザルツブルグで行われていた、オビディエンスも昨日終わりました。

閉会式
ラデツキー行進曲の音楽に合わせて入場してきました。

丁度本部前を日本チームが通った時、
初めて参加した日本チームに対して、
大きな声援と共に「ありがとう」という声がかかりました。
日本の『り』の発音はヨーロッパの『り』の発音とは異なるので、一瞬「ん?」と思いましたが、間違いなく、『ありがとう』だったと思います。



閉会式1

団体第1位・・・フィンランド
団体第2位・・・スエーデン
団体代3位・・・ノルエー


閉会式2

第3位のコールのあとワンコと一緒に表彰台に向かうノルエーの皆さん。
どの国の人たちもとっても楽しそうに歩きます。人も犬も。

個人表彰102頭中
第1位・・・フィンランドの方
第2位・・・フィンランドの方
第3位・・・ロシアの方


閉会式3

オビディエンス・・・この英語を日本語に直すと、服従。

世界大会の服従競技会場の雰囲気・・・陽気な褒め称える歓声、拍手、まさにお祭り。
お祭りの雰囲気の中での犬の集中力、凄いです。

土曜日の夜は日本チームの頑張りをなんとかみたいと思って仕事の合間にPCに向かっていました。
丁度ジャーマンシェパードを連れた日本人の方の競技が始まるところを見ることができました。

ライブからは「Ja Ja Ja (ヤ ヤ ヤ)」ドイツ語の会話がバンバン耳に入ってくる中、

「まいへー」(前へなのですが、言いにくいのでこのように言います。)

おおおー日本語だー

「持って、来い!」とても落ち着いた声が会場に響きます。

思わず涙目になりました。


閉会式が終わると、
オーストリアが生んだ作曲家、ヨハン・シュトラウス作曲の
「美しき碧きドナウ」のワルツにのって三々五々退場していってました。

ヨーロッパのど真ん中に今回始めて足を踏み入れた日本代表の皆さんに敬意を払いたいと思います。


プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR