7月8日(日) まとめて面倒みちゃえ

H先生が来るとミルもシーもそわそわ落ち着きがない。

ねえ 練習する?

ホップ ホップ する?


蒸暑い日16

H先生が走れば、

ミルは自主的にスラロームに入り、

蒸暑い日8

シーは期待顔して付いて行く。



「ええ~い まとめてめんどうみちゃえ!」

「ミルちゃん、ブリッジ !」


ブリッジ

「シーちゃん ブリッジ !」

蒸暑い日10

「おやつ? おやつ?」ブリッジの下にはおやつがあるかも?とがさつにおやつを探すミル。

「ブリッジちゃんと登ったよ。なにかご褒美くれるんでしょ?」H先生の手元を見つめるシー



「よ~し! 2匹アジやるよ~ 」

「二人とも位置について~ sit !  シーちゃん待て!」

「ハウス!」



蒸暑い日5

「ホップ !」

蒸暑い日6

「ブリッジ !!」

蒸暑い日7

決まった~ 

蒸暑い日17

と、遊んでくれるH先生でした 

ばっちり決まって、めでたしめでたし、

なんだけど、

「シーちゃんどうすんのさ!?」とシーパパに詰め寄っている訳ですよ。

そもそも、途中からH先生にアジ競技会に出てもらうようになったのは、

アジの1度ノーミス完走できるようになったけど、

いつもタイムオーバーなので、若いH先生に走ってもらって、2度に上げてもらって、

シーちゃんの年も年だし(10歳)

新しくできたシニアクラスにシーパパと出よう。

という計画だったのです。(シニアクラスは2度以上の犬しか出場資格がなし、というもの)

ところが、肝心のシニアクラスが、たった1年の命で立ち消えになったのです。

「アトラクションの中でシニアの部を設けてもよい」、という形に変更になったのです。

ということで、シニアクラスの部なんて何時、何処で行われるか?見当もつかない。

「2度にでるしかないやん!」

「う~~~~~ん」

唸っているシーパパであります。



プラッツHPトップはこちらから
わんこ
プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR