1月24日(木)今更ながら

小さい頃の社会化体験や馴致訓練などがいかにその後の成長に影響を及ぼすか・・・・

いまもってミルテには悩まされます。

何しろ小さい頃の日常はミルテにとってはあまり有難くない環境にあった。

私が朝早く仕事に出て行った後はシーパパとシーちゃんと三人で家にいたのですが、
我が家の門の前は小学校の正門。
おしっこに庭に出ていると、「わーー ワンコやー」とちびっこギャングたちが押し寄せる。
ある日曜日、参観日だったのか小学校があり、昼過ぎ友人ちの小学一年生なりたての息子が
「このうち知っちゅうがぜ」とクラスの新入生男子全員くらいのちびっこたちを引き連れ、門を開けてどどどどど~~
と入ってきてシーナを取り囲んだ。
そして親愛の情を込めて彼らはシーちゃんをバンバン叩いたり突っついたりしている。
さすがのシーちゃんも目を細めて固まっていました。

下校時間にはミルテを決して庭には出さないようにしていたのですが、
全く遭遇しないで24時間過ごすというわけにもいかず、神経質なミルテにとってはあまりいい環境ではありませんでした。



こんにちわ~
 

2013年1月24日4

ゴンちゃんパパのお仕事のお昼休みに合わせて大橋通~帯屋町に行ってきました。
そう、人ごみ体験です。
以前行った時は顔が引きつっていたので、ゴンちゃんぱぱに出てきてもらえるようにお願いしました。
大好きなゴンちゃんパパがいると、おっ ここはいい所だ、と思ってくれるかもしれないと思ったからです。


2013年1月24日7

おっ 尻尾をぶんぶん振って歩いています。

2013年1月24日6

いい匂いしますねー お魚がいっぱいありますよ、
おすわりしたら貰えますか?


「あら 可愛い」
いきなり知らないおばちゃん座り込んでミルテを撫でてくれています。
「おやつ渡してくれますか?」


2013年1月24日5

ゴンちゃんパパはお仕事に戻り、
今日のもう一つの目的、『人ごみの中で私に集中して歩く。』
意外に落ち着いて私に集中し、脚側行進して歩いてくれました。
これが競技会にそのまま通用するかどうかはまた別なんだろうなあ。
でも、今日は一歩前進。


2013年1月24日3

ミルテを車に入れ、シーちゃんを連れて歩きます。
歩きだしてすぐ、道行く人が寄って来てくれます。
「可愛いですねー」


2013年1月24日お姉さんたちと

「触ってもいいですかー?」
ちっちゃな男の子、おっかなびっくりしながらも背中をそっと触って、満足げな顔でした。


2013年1月24日1

ミルテもシーナも黙って歩いていたんですが、シーちゃんには道行く人が自然に近寄ってくるのです。
シーちゃんのオーラでしょうかねえ。
プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR