6月3日(火)雨男・・・・と言われた義父

「どうも親父は雨男やったねー」
と次兄が言うと

「そうそう 50日祭のときは(納骨)土砂降りで、急きょシートをかけてやったもんねえ」
東京から年祭のため帰ってきた長兄が笑いながら答える。

義父と義姉の年祭を『淳』の二階で行い、片手に傘を持ち雨靴を履き山を登った。

「山道滑るき、降りるときには気をつけよ」
という長兄に
「年寄りはこんな山の墓にはよう来んよね」
と私が言うと
「僕だって年寄りぜ」
と長兄が答える。

「ゆうた瞬間、あ、自分ももう年寄りグループや、と思った!」
と私。

おかしなもので、シーパパがいなくなった今、以前より義兄弟たちが身近に感じられる。

山を降りて来たあとは、近くの美馬旅館で食事をいただく。
そのあとは喫茶『淳』で和菓子をいただきながらゆったりとした時間を過ごした。


淳
2011年9月 『淳』の前でシーパパ&シーナ


『淳』は火曜日が定休日
お客様の来ないお店の中にシーナ&ミルテを連れていくと、
昔いつも来ていた場所はしっかり覚えていて、まっすぐドアのほうに向かって行く2匹。

カウンターの前に鎮座し、黙って待っている2匹
こうしていいると、次兄がパンの耳をくれると信じこんでいる。

姪が5歳になる娘を連れて来
「シーちゃん シーちゃんに触る~」
まだあまりワンコに慣れてない5歳児はキャアキャア言いながらシーナに触る。

シーちゃんは次兄の傍にごくごく自然に居る。
次兄とシーパパは性格は違うものの、姿、声がよく似ている。


piシーナ兄正月 - コピー
2005年元旦  家にきて2か月くらいのシーナと次兄


知人の家や町内にいる親せきの家に挨拶に行き、夕方高知に帰ってきた。

シーちゃんにとってもいい一日だったのじゃないかな・・・
家に帰ってからそう思った。
プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR