6月14日(土)検査

昨日シーちゃんを動物病院に連れて行った。
血液検査をお願いする。

「一ヶ月くらい前から便がゆるいんです。」
「下痢?」
「軟便です。12歳になる今までよく消化されたほんとにきれいな便ばっかりで
軟便になったのは初めてだったので気になって・・・」



2014年6月14日1


「検査結果出ました。特に問題となるような異常はないです。最近フード変えました?」
「いいえ、ずっと同じです」
「かわったおやつをあげました?」
「いえ、特には。何を食べても変わることなく健康な子だなと思ってきたので」
「ほかに何か変わったことはありませんか?」
先生が次々質問する。

「・・・・実はシーちゃんパパが亡くなりまして・・・」
「えー!? ・・・・犬も亡くなったことはわかっていると思いますよ」
「分かってます、わかってます。
病院からシーパパを連れて帰ってソファベッドに寝かせて、その晩預けていたシーちゃんを連れて来てもらい、
床に座った私の隣にシーちゃんを座らせ『シーちゃんもご挨拶しなさい』と私が言うと、きちんと正座し、シーパパの顔の近くに鼻を近づけ、クンクンクン、って確認して、ぺろ ぺろ ぺろ と頬を舐めたんです。そしてまたきちんと正座してじっとしてました。」
先生言葉が止まり涙ぐんでいました。

「お元気そうだったのに・・・・」
「今からは私がシーちゃんをみていくよ、ということを伝えようと思い、初めてのアジりティーをやったり、散歩も1頭づつにしてます。」
という私の言葉に先生、「犬は自分のボスがいなくなったことはこたえますから。」


2004年12月5日ノイマン
2004年12月・・・絆を作ろうと頑張るペア・・ノイマンにて


シーちゃんパパと同じボスにはなれないし、シーちゃんのボスはいつまでもシーパパで良いのだと思う。
でもお母さんがまっすぐにあたしのほうを見てくれる、と思ってくれるようしっかり向き合っていこうと思う。




プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR