11月23日(月)自らしかけた罠により撃沈す



自ら仕掛けた罠により撃沈す


土曜日練習しているH先生をグランドに残したままドラハにむけて出発

あれ? 見覚えのある車が・・・

うちまで引き返すと、

「もう少しで出発するんですね」とナバ母

「いや、今そこの向かいで行き違って引き返したのよ」

「ええ~ まだ午後になってないじゃないですか!!」

「もう昼よ、昼!」

出発は1時くらいでもいいかなと思っていたんですがね、

近江牛の魅力の方が勝ってしまってね

「これ旅のお供に」

2015年11月21日1

ありがとね、お昼は車の中でこれだけ。

豆腐を使ったドーナツ、体にもいいのよ



PAに4回寄った割には5時間50分で到着し

6時には『やまりゅう』さんに集合

田んぼがちらほら周りにある場所としては珍しい、とっても素敵なたたずまいのお店

料理は、それはもうとってもおいしゅうございました。

2015年11月21日2


つけ添え・・と言うには豪華すぎる先付け

2015年11月21日3(2)

一つ一つが丁寧に調理されていて、美味


2015年11月21日4(2)

ワタクシ、前回の徳島大会の折に止まったホテルの枕があまりにもパンパンに膨れ上がり頭が沈む場所がなく寝れなかったので、

今回小さめの低反発枕を持参しました。


次々運ばれてくる料理に、もう無理、食べれない、と思っているのに、するするとお腹に入るおいしい数々を堪能し

安定した枕で熟睡し、あくる日の朝は体調万全 

会場に着きオビリンクにバリケンを組み立て、ミルを連れて行きました。

「あとへ」・・・good

「down」・・・ バサッと伏せる  おお! 今日はいい感じ

「sit」

「down」・・・サッと伏せる

いける

今までのどの大会より集中力、形ともにいい

よし 今日はいける! 思わず心の中でガッツポーズ

母ちゃんのいつもの妙な緊張感もない


2015年11月21日5


そこで、朝から何度も何度もアナウンスされていた

「オビⅢは7時50分に集合してください」

というのが気になるので、アナウンスしていた本部に行ってみる。

というのもワタクシ今回、第一グループのトップバッターだったのです。

少ししてぞろぞろオビ会場の方へ

なあんだ・・・オビ会場前に集合か~

「しゅ簿を提出してください」

すぐ申告が始まる

ミルをバリから出す

ピ~  ピ~  ピ~

は? 何?

これどこの子?状態のミルが出てきました。


2015年11月21日6


ひろ~い 芝生の縁にぽっつ~んと置かれたのが『捨てられた』と思ったらしい


ガ、ガ~ン

団体科目も科目1はリンク1

科目2はリンク2へ移動、といった今までにないパターン

そうたいした立て直しもできないままに第一リンクに戻って、個人競技が始まった

ワタクシ一番バッター


2015年11月21日8(2)


もう今までにない、ボロボロの出来に

失敗したハウスの科目後に0点の点数を出すS先生も、上ではなく下に向けてきのどくそう~に出している

唯一金属ダンベルが満点の10点を頂いたのが嬉しかった。

ヒート犬が一番後に競技をするため、夕方の表彰式が始まっても点数発表が張り出されず、

帰ることにしました。

というのも、前回ナビの通りに走っていたら、見たこともない風景が広がり、

『亀岡市』の看板!

ICを乗り換えさんざんな思いをして帰ってきたので、

今回は誰かの車に付いて帰らねば、と決めていたので、

オビⅠの表彰式を済ませたピット君号の後をついて帰ることにしたのです。

2015年11月21日9(2)

正直、もう自分の姿をさらしているのもはばかられる気分になっていたのです。

ミルを育てて来た10年間を振り返り、何処が間違っていたのか・・・・ちょっと辛い感じ


2015年11月21日10(2)

ピット君たちと龍野西SAで分かれて四国山脈を越えたあたりから眠くなり、限界が南国Pできた。

たぶん12時前か?

後部座席に移り熟睡

目が覚めたら2時20分

そこから家に帰り風呂に入り3時半ベッドにて就寝



2015年11月21日11(2)

これだけの豪華なお食事、M先生&ピット君の、秋季本部競技会 班別第1席のお祝いの席だったのですが、

繰り広げられるM組ならではの、天然暴露大会となり、大笑いをしながら楽しい会食となりました・・・以上報告) 



プラッツHPトップはこちらから
わんこ
プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR