1月2日(土)1年の計は元旦にありとは・・・・・


1年の計は元旦にあり・・よく耳にした言葉であるが・・・

本日『筋肉痛』である



正月2日目、

「ほうれん草持って帰る? 人参はいる?」

朝食が済むと妹と母が次々聞く

くれる物はありがたく頂くことにしているので、一緒に準備をする


「今年は作物がうまく育たんかったよねー

ほらー 見て うらく(つばき)やって、いつもの年は3月くらいまで綺麗に咲いていたのに

今年はもう終わりそうな・・・・」

2016年1月2日1


「びようヤナギもまだ咲きゆうけど・・・どうなるんやろ?」

一応びようヤナギは5月ごろが咲き頃と言われている花


2016年1月2日3

「見てー カラーが咲きゆう!」

おわっ!

カラーは初夏ですが・・・・

ハウスではなく路地で咲いている!


2016年1月2日2


「野菜の準備するだけで、疲れた、キンカンはやめようか・・・・」

妹がつぶやく

「さあて、じゃあ ちょっとお昼食べて登ろう!」

と激を飛ばし体にエネルギー入れなおして、再挑戦!

裏山に二人で登る

やく30mの裏山

この裏山は今から40年くらい前か? 父親が山に道をつけて段々畑に切り開き、

キンカンや柿の木を植えたのである

道はすでに無い

足元はダケ土・・・我々がそうよんでいるダケ土とは、土がほとんどないほぼ石だけの土の事である。

父が切り開いた当時はもう少し土に水分があり、急こう配ではあったが、坂道ながらも普通に歩けた

草や背丈の低い木に摑まりながら、這いながら2人で登る

えらいことになったなあ・・・内心そう思いながら登る



2016年1月2日4

もう何十年も来ないうちに、キンカンは大木になっていた

一人が枝を支え一人がハサミで切り取る


2016年1月2日6


「せっかく植えたのに、お母さんは勿論、娘たちも一回も取りには来ず、やっと取りに来たか・・・

お父さんがそう言いゆうやろね」

妹とそんな話をしながら摘み取る

キンカンの木は10本近くあるんだろうか?

一番上の段まで登った

やっと山の上が見える

2016年1月2日5


鳥たちが騒がしい

「今まで自分たちの食料やったのに、今年は人間が取りゆう・・・そう言いゆうろうかね」

二人で笑いながら取る

勿論ほとんど君たちのものだよ、こんなにたくさん採れない。

『しょいこ』も無理、這いながら移動するので、多分実がこぼれる

リュックやね

自分たちの身が危ないき、もう採るの止めよう!

背の低い木が生えているので、それに摑まりながら下りる


移動中着地の仕方を間違い、足ではなく脛(すね)で着地したし、体中が痛い




穏やかな正月2日目の海を見ながら帰途についた

2016年1月2日7




プラッツHPトップはこちらから
わんこ
プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR