3月10日(木)憧れだったこと



昔・・・ウィーンの空港だったと思うけど、

中型犬を連れて空港内を歩いている婦人を見た。

混雑した中をゆっくり歩いていく姿を見て、いいなあ、と思った。

犬連れで空港内を歩く、これはひとつの憧れだった。

それが、今回急きょ飛行機で九州に行くことになり、その夢が叶った。


2016年3月6日3

行きの高知空港では、ロビーのドアが開くなり、

『うわっ 、うわっ、うわっ 』と興奮していたミル

お借りしたバリケンに入ると静かにしていました。

福岡空港に到着してバリを開けると、家から持って行った敷物がびっしょり!

『落ち着け私、落ち着け私、』と緊張を和らげる為か、敷物を舐めまくっていた模様


帰りの福岡空港では、お客さんも多かったけど、落ち着いていました。

荷物検査のターンテーブルの前で、リュックを乗せた途端、

ビデオカメラのバッテリーを入れたままだったのを思い出し、
 (充電池の予備は荷物内には入れてはいけないそうです) 


「あ、これ持って下さい。」

航空会社のお姉さんにリードを渡そうと差し出すと、

「ひぇっ!?」 と息を飲み、後ずさり

なんで後ずさりするかなあ、可愛いだろうが~ ミルちゃん

後ろにも人が並んでいたし、伏せさせるスペースがね・・・・・

と、私のすぐ後ろにいた若い男の人が

「あ、僕が持っていてあげる」 とさっと持ってくれました。

並んで待っている間、「犬も飛行機乗るの?」と話しかけてきた方です。

団体らしく連れの男の人たちが来て、

「えー 犬も乗るの?」

「荷物扱いでね」と私が言うと、

「そうそう、これに乗って(荷物検査のターンテーブルのことです)行くんや」

「いいえ、これには乗りません」

なあんて楽しい会話をし、ミルも可愛がってもらい、受付カウンターへ


2016年3月6日5-1


書類にサインしていいる間もきちんと伏せて待てました。

やっぱ訓練していると違う、

そう思いました。


コタ君も勿論このとおり


2016年3月6日14

フライト時間も1時間程度で、楽しい飛行機旅でした。


楽しかったですよ、いろいろ

行きの高知空港カウンターにて、

犬の取り扱いに関する書類にチェックを入れ、

受付カウンターのお姉さんが、「最後にサインをしてください」というから名前を書き終わり、

「体調はいかかがですか」 と言うから

「花粉症です」

と言うと会話が止まった。  えっ!?

「犬? 元気です」

なあんだ、最後にサインをと言うから犬の話は終わったと思ったよ。

おお、最近はここまで、お客に配慮するのかと思いましたよ。

「私、隣のカウンターで可笑しくて笑っていましたよ」とコタ君母が言う。

でもね、帰りの福岡空港受付で、隣のカウンターから聞こえてきましたよ、

「犬の体調はどうですか?」

そう、ここでははっきり 『 い ぬ の 』 と言ってくれました。

「 27です!」 きっぱり答えるコタ君母の声が聞こえました。

あ、こりゃ、体重だな、

「健康についてです」

「あ、元気です」

ククク・・・笑いましたよ、勿論。




プラッツHPトップはこちらから
わんこ
プロフィール

eko

Author:eko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR